« 黒田研二さん桑高訪問 | トップページ | そんなマンボウに僕はなりたい・・・ »

武田美保さんの講演会

 第25回「教育を考える集い」の講演会で、シンクロのメダリストである武田美保さんのお話を聞いてきました。シンクロを始めた5歳から引退される28歳までを、時系列でお話していただきました。すごーい迫力(情熱なんだね。)の関西弁で圧倒されっぱなしで・・・いい時間をすごさせていただき、色々と勉強でき、ありがとうございました。

*とっかかりは、はじめての成功体験

水泳を始めて、一通り覚えたが、早くも泳げず、水泳を卒業しようとした時に出会ったシンクロの最初の練習で、同期の4人の中で1番覚えがよく、褒められたこと、この小さいけれど最初の成功体験が、興味をもたせ、モチベーション・向上心をあげてくれたそうです。・・・成功体験って大事ですよね。「あんた、やればできるやん!むっちゃうまいやん!」って言われれば、ヤル気でるし、また褒められたいから、がんばるよね。

*お母さんの存在

スイミングスクールが、徒歩1分のところにあって、毎日、練習を終えて帰ってくると直ぐにお母さんから、その日のこと(練習内容、コーチの指導内容、それもコーチは指導するときに、目を何秒みてたとかまで・・・)を質問されて、それに答えていたそうです。答える事で練習の復習(イメージトレーニング) → 理解度が増す。 → きちっと消化!→ 現状認知・分析 → 次のステップを提示・・・。「じゃあ、次このへんめざそか?」って言われたら、「なんか、やれそうやなあ~」ってヤル気になるよね。よく言われる”コーチング技術”に長けていたお母さんやったようです。

自己分析力

自己認知力

目標設定能力

大目標の設定から、逆算して中目標、小目標を設定&クリアーして成功体験の積み重ねることの大事さ、反骨心、向上心・・・お母さんに培われたことは多いみたいですね。

先輩から無視されたり、いじめにあっていた時に、隠していたのを言い当てられ、「何年あんたの母親やってると思てんの~?毎日、顔合わせてコミュニケーションとっとれば、子どもの異変は解って当然やん!」って言われた上、「あんた!そんなんイジメとちゃうで!妬みややっかみやんかあ!いわしとき。年下のあんたがレベルUPして、同等になってきたからやで。そんなん気にせんと練習に励んで手が届かんレベルまで先に行ったたら、何にも言わんようになるから・・・」そりゃそうやけど、・・・言われて「わかった!そうするわ!」ってすぐに切り替えて行動してしまう武田さんもすごいわなあ・・・。こころなかなか折れやんよね。こんなお母さんに育てられたら・・・。

お母さんのコーチングを受けて出来上がった思考回路にも、マイナス面があるようで、どうしても計算しすぎて動いてしまう。→手を抜いているわけではないが、全力を出し切っていなかった。勝手に限界線を計算していた。というところがあったようです。

*井村コーチの存在

マイナス面を見抜かれて、厳しい指導を受け続けるわけですが・・・

人は100%の能力の内、30%ぐらいしか力を出していない。それ以上力をだすと生命に危険が及ぶと判断されて、リミッターが勝手に作動して、「もう無理!」と口に出して諦めてしまうのが常である。」そう、70%も潜在能力があるんだからもったいない。と信じて考えれば何事も挑戦できる。力を出し切る事ができる。と考えられているようです。そうですね。潜在能力って、計り知れないくらいあるってききます。それも、潜在能力の海は繋がっているって・・・。

厳しい指導(相当酷い事も・・・○格否定の言葉も浴びせられ・・・)も、信頼関係があったので、心が折れることは無かったようです。井村コーチのシンクロに対する情熱を理解(共感)できたからなんです。とのこと。

モチベーションが低い子どもたちをコーチする立場に変わって、「情熱をもって、ぶれることなく、全身で体当たりするような指導をしていけば、時間はかかるとは思うが、少しずつ共感してくれて教わる側も、モチベーションを上げて向上することができるはず・・・。そう、教える側が諦めたら、教わる側は・・・。

想えば、やりとげることができる」→行動しなあかんけど・・・

シンクロが上手くなりたい一心が手に”水かき”を誕生させた。パートナーの立花さんの長い足に何とか合わせようとしていたら、最後のオリンピック決勝の時に骨盤をずらすことが意識的にできるようになった。なんてことが、あったようです。ひやあー、すごーいことやんね。

シンクロを始めたころにオリンピックに出場するという大目標を掲げて、逆算して中小目標を掲げ、次々にクリアーして大目標もクリアーしてしまった。・・・

いやあああ・・予定時間を相当オーバーして講演していただいた。

それにしても、やっぱ、シンクロのメダリストだけあって、特に手がものすごく綺麗!!長くて白くてきちっと開かず納まって、動かし方(立ち居振る舞い)もね。

関西弁はええなああ・・・。迫力あっても、親しみやすさがあるし・・・。やっぱ小生も関西人やな~。って改めて思いました。

最後に、やっぱ”1番”目指さなあかんね。勝たなあかんね。

桑西の校長先生も挨拶でおっしゃっていましたが・・・

負けたら、負けた時に得るもんもあるし・・・。

ナンバーワン目指しまひょ!!

オリンピックの時の話がまだまだいっぱいあるって言うてはったから、又近所で講演してくれへんかなああ・・・。

武田美保さん!スペシャルサンクスでした。

m(。。)m

|

« 黒田研二さん桑高訪問 | トップページ | そんなマンボウに僕はなりたい・・・ »

三重県・桑名市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524565/49641958

この記事へのトラックバック一覧です: 武田美保さんの講演会:

« 黒田研二さん桑高訪問 | トップページ | そんなマンボウに僕はなりたい・・・ »