« タッピングタッチを経験してきました。 | トップページ | オープンデスク »

タッピングタッチの特徴いろいろ

 講義の中では、被災地支援に際してのお話もしていただきました。

「タッピングタッチ」を開発するキッカケもお話いただきました。

「言葉には限界がある。」と感じて、何とかならないかと考え始めた

ことには、共感できました。

そうですよね。

言葉をかけても反応してもらえない、拒否されてしまう。

何てことも多々ありますよね。

言葉をかけれない雰囲気いっぱいあります。

コミュニケーションのキッカケって本当に難しい!

自分が被災地の避難所の入り口を開けて入っていったとしても、

一歩引いてしまうだろうなと想像出来ちゃいます。弱いなあ・・・。

もし「タッピングタッチ」という技をもって、コミュニケーションの

キッカケとして使うことができたら、そして、「技」の効果を

少しでも実感してもらったら、壁が取り外され、ハードルは

グーンと下げてもらえる。

こんな効果も「タッピングタッチ」にはあるんですよね。

「つかみはOK!」ってこと。

その「つかみ」がすごーい効果があるんだから一石十鳥!

場の空気は読むもんだ!じゃなく、作るもんだと言えちゃいます。

どんどん広がって、どんどん空気作っちゃって、

どんどん変えちゃっていくといいですよね。

今は祈ることしかできないけど、祈っています。

感謝!m(。。)m

|

« タッピングタッチを経験してきました。 | トップページ | オープンデスク »

三重県・桑名市」カテゴリの記事

耐震・防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524565/52207013

この記事へのトラックバック一覧です: タッピングタッチの特徴いろいろ:

« タッピングタッチを経験してきました。 | トップページ | オープンデスク »