« タッピングタッチの特徴いろいろ | トップページ | グリーンウォール2011 白ゴーヤの収穫 »

オープンデスク

 先週土曜日は”熟議2011in三重大学”に参加させてもらいました。

「確かな学力」と「豊かな人間性」を備えるための学校における方策

づくりというサブテーマでグループワークも参加させてもらいました。

この事業、三重大の講義の1コマ(何単位かはわからないけど)。

ファシリエーター(”熟議”何だからカタカナは違和感あるよね。)

=進行役は1年生を中心とした学生&大学関係者。

グループは9人。内訳は、学生の他は文科省、県の教育関係者。

背後で聴講しているのが、文科省の副大臣、○○局長他何て状況。

完全アウェー!違和感ジンジン!鼓動バクバク!の状況下。

進行役の学生さんは大変な状況でも頑張っていたのは感心!

こんな場が設けられ、参加させてもらえたことにまずは感謝。m(。。)m

頭の中に色々と準備して考えていたことの、10%も口にできず、

異なる視点からの考えや問いかけをするように心がけたのだが

変に力が入りすぎたのか、噛み合わず、頭の中は活性化されず

何かアイデアを出すことはできなかった。どっと後悔・・・。

そこで、一夜明けておもいついたのが「オープンデスク」。

教職員の多忙化があげられていたことに対しての提案。

潜在意識下で、我が脳は働いていたことに感心するとともに

一段区切りさせておかないと、我が脳にも悪いので

いつものことながらアウトプットしておくことにしました。

「オープンデスカ」は自分が学生の頃、建築設計事務所では

おなじみの制度。現在でも、著名な事務所ではある制度なのかも。

この「教育版オープンデスク」の中身は、まずは大学と地域の教育

委員会で契約して、職員室にデスク(2人分)をおかせてもらうもの。

勿論学生側が自主的に無給で、形ある見返りを求めず教員の

業務を、作業を補うというもの。子供を教えてはならない。

教員は「あれやって!これやって!」とは求めない。言わない。

しかし、やる気、志をもった学生であれば教員を補助できることは

いくらでも見つけらる。教員の仕事量は必然と減る。

志をもって教員を目指すものであれば五感で感じて、いくらでも

吸収できることがあるはず。それがご褒美=報酬。

だから、徒弟制度に近い考え方。ボランティアでもNPOでもない

この方式の方が、志の積み上げ、折れないこころの強化にもなると

思うのはうがった考えなのかな・・・・。

まあなんにしてもこれなら予算はいらない。

お互いの信頼と保護者を含めた大人の懐の深さという

プライスレスなものは必要だけど。

タダより高いものはない!といわれると・・・・・・。

実際に行われると、補助して技を盗みたいと思い人気がある教員と

そうでない教員は必ずでてくる。「技量格差」「人間性の格差」等が

浮き彫りにされる。勿論学生側、大学側もそう。

「気が付く力」「段取り力」「コミュニケーション力(ノンバーバル

含んで)」「読解力」などなどの実力格差は浮き彫りになる。

こんなリスク。見方をかえればチャンスをどう受け止めるか

だけだけど。人間、安易な方向にながれる思考、行動を

行うサガをもつから・・・・・・難しいかな?

アンケートにも書いたし、お偉いさんも言ってたけど、

この「熱さ」が冷めないうちに次の行動に移さないと

加速して進んでいかないけど、「次の一手」は

いつ、どんな形で出されるのか、期待したいです。

|

« タッピングタッチの特徴いろいろ | トップページ | グリーンウォール2011 白ゴーヤの収穫 »

三重県・桑名市」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524565/52238039

この記事へのトラックバック一覧です: オープンデスク:

« タッピングタッチの特徴いろいろ | トップページ | グリーンウォール2011 白ゴーヤの収穫 »