« 久々に干物を作っています。2011編 | トップページ | みえ防災コーディネーター »

図上訓練by南部美智代先生 受けてきました。

 みえ防災コーディネーター育成講座で、被災者支援の図上訓練を90分x2コマ受講してきました。講師は、NPO災害ボランティアネットワーク鈴鹿の南部美智代先生。育成講座の事務局のHさん曰く「キレイな方なんですが、おっかない方ですから、必ず指示に従ってくださいネ。」って何度も念を押されていたので、怒号が飛び交うのかと思いきや、そんなことはなかったです。Hさん流のユーモアとリスク回避の方法なんだろうなと受講回数を重ねたこの頃は思えてきていますが・・・。

 現場で活動している人は、声が大きいのは当たり前で、強い言葉を発していないと機敏な行動につながらない、方言が入る普段の言葉で発しないと気持ちも伝わらないのも当たり前。図上訓練でも、それだけ真剣に取り組んでおられるということだと感じました。

 非常時にどしょっぱなから力を発揮しようとするには、訓練で真剣にやっておかないといけないことは、最近特に身にしみてわかってきました。どれだけ真剣にやっていて、もどうしても忘れて行ってしまうんですよね。こまったものです。

さて、まず講師の南部先生については下記WEBページを覗いてくださいね。

平成22年度防災功労者防災担当大臣表彰受賞

特集 心をつかんで広げよう「みんなで防災」 テーマ2:防災の知識をうまく伝えるには?

受講しての学びについてです。復習がてら書いておこうかと・・・。

1.被災地、避難所での最初のグループ別、判別の方法を学びました。

 被災によるショックで難聴になっている人もいると仮定して、ジェスチャーだけで生年月日を周りの人、3人に伝え、1月1日から順に整列していく方法です。もちろん生年月日、名前、出身地、得意技を整列後、班の形成人数毎に大きな声で号令していき、整列の整合性を確認し、班別したうえで班内の各番号別に役割分担していけば終了です。

 これを紙に書き出せば、立派な名簿になります。すごく合理的な方法だと感心しながら参加していました。さて、追加情報として、「得意技」の周知に関してですが、「できますゼッケン」なるものが、WEB上で公開されています。

「できますゼッケン」の公開ページ

こういうことって、知っているといないとでは、大きな違いがありますね。

2.タウンウォッチングの方法を学んできました。

 子供たちを連れて街を歩いて、タウンウォッチングするときのことです。勿論その前にDIGをしたり、事前にこういうところが危険なところなんだよ。と机上の勉強をした上です。

 さてタウンウォッチングの時に、子供たちに2mのヒモを持たせて歩くんだそうです。この2mというのがミソで、消防自動車の車幅なんです。ヒモの両端を持たして、伸ばして通れないところを発見させていきます。

 子供にとって「発見」というキーワードはワクワクするキーワードで、「あった!ここは、消防自動車通れないよお~」って騒ぎ出しちゃいます。狭小道路、違法駐車していて狭くなっている道、物置がはみ出している道等住民への周知には、効果的ですね。無邪気な子供たちに言われたらバツ悪いですものネ。

3.子供を巻き込んでいくことを学びました。

 前記の学びに続いて、注目されないところで、どうしても人を引き付けて人に周知してほしいことを発表しなければならない時の方法です。愛知地球博での体験だそうです。防災について周知するための企画で、人が集まってこなかったときに実践されたことです。

 子供を見つけては、興味を持たせてワイワイやります。ワイワイやっていると子供は集まり輪ができます。その各々の家族も集まり輪が大きくなっていきます。どんどん波及して人が集まってきたそうです。考えるに途中からは、自ら発信する子供も出てきたんじゃないかなとも思われます。そういう子供を見つけて助長させていったのかもしれません。子供といっしょに活動してこられた多くの経験とお人柄がなせるワザなのだなと感じました。

 外国人には得意のジェスチャーで日本語の防災用語をその人の母国語で何というかを聞きまくり、同時に母国語と日本語をリピートしてもらって、自らもわざとイントネーションを外したりしながら大きな声でコミュニケーションとり、周りの子供たちも巻き込みながら覚えていってもらったそうです。

 やわらかい頭で考えたユーモアを交えた手法もさることながら、先生のやはり笑顔とお人柄が大きく影響しているのだとつくづく思いました。「やわらかい頭」「人柄」「どんな時も笑顔」・・・身に着けたいものです。

最後に、またまた「オチ」があります。

 この図上訓練中に先生とのやり取りの中で桑名高校が避難所になっている。なっていない。体育館はなっている、校舎はなっていないとのやり取りをしていて、「あんた!私の後輩やは!」っていきなり言われて、講習中にいじられてしまいました。勿論いじっていただいたお礼と大先輩へのご挨拶をこめてお手紙を出したところ、声をかけていただければ尽力させていただきますよという、有難いお言葉が書かれた達筆な書をいただいてしまいました。

 誠にありがとうございました。

 色々なところでの、色々な方々との出会いに

 本当に感謝している次第です。

 m(。。)m

|

« 久々に干物を作っています。2011編 | トップページ | みえ防災コーディネーター »

三重県・桑名市」カテゴリの記事

耐震・防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524565/53160043

この記事へのトラックバック一覧です: 図上訓練by南部美智代先生 受けてきました。:

« 久々に干物を作っています。2011編 | トップページ | みえ防災コーディネーター »