音楽

苫米地サトロさん・伊勢監督のトーク&歌のイベント

 映画「傍-3月11日からの旅-」の主人公歌手苫米地サトロさんが映画の中でも歌われている「満月」を、映画の鑑賞の後のイベントで生で聞いてきました。

 先月、役員をさせていただいていた桑名高等学校PTAの主催の講演会で上映した「風のかたち」での挿入歌「川」を一番最初に生で聞くことができました。う~ん、いい歌です。

 サトロさんと伊勢監督のトークのあと最後に「満月」を聞かせていただきました。映画の中で初めて聞いたとき、トークの中で伊勢監督がご指摘されていた場所、この歌の歌詞のなかの「君は泣いているだろうか?僕はなけるようになったよ」このフレーズ、感動して・・・涙が出てきましたね。映画にぴったりの歌。但し作られたのは1999年。バックグランドは、サトロさんの口から聞くことはできたけど・・・。不思議ですよね。本当に。

CD購入できたので「川」「満月」とも、時々聞くことができます。

2012031001_2

遠い空 同じ月 by苫米地サトロさん 

↑ セカンドCDの紹介HPです。・・・同じ年(1964年)生まれには何がご縁があるようで・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

念願の浜松ハーモニカを購入!

 ず~と欲しかった複音の「浜松ハーモニカ」を浜名湖サービスエリアで購入してきました。購入してから気づいたのですが、音階が順番になっていないところがあって、単音ハーモニカにしておけばよかったと、少し後悔していま~す。又、楽譜もいっしょに購入してこればよかったとも・・・。「ゆず」か「長渕剛」の楽譜集でも、ブックオフで探してこようっと!

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

”手紙” 樋口了一

 今朝NHKのニュースの中の特集で取り上げられていました。

この歌と出合ったのは、「だれもしらない泣ける歌」だったが、

結構涙が止まらなかった。同居の祖母の人生の最後の数年間

母を中心に家族が支え、自分の小学生の息子たちといっしょに

命の灯火が消える瞬間を見届けた日までを、思い出したからです。

聴くことによって、そのトキの、原点、初心に戻してくれる歌は

持ちたいですよね。この歌もその日からそのひとつになりました。

”手紙”(歌詞) 樋口了一

| | コメント (0) | トラックバック (0)