建築関係

伊賀市庁舎を保存修理し活用することへの要望書

 小生が所属している、みえヘリテージの会(三重県建築士会傘下)は、伊賀市庁舎を貴重な歴史的建造物であることを認め、将来に向けて保存修理し活用す
ることを切に要望するため、署名を募り要望書を提出することになりました。

ご興味をいただける方は、下記PDFファイルをご覧頂き、そしてご賛同いただける方は、署名してPDFファイルにして頂き、小生(h-makita@nifty.com)にお送りいただければ幸いです。

「youbou-3kasyohe.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「諸戸徳成邸」の保存・活用を求める嘆願書への賛同者を求めています。

 小生が所属している諸戸徳成邸の保存・活用を考える会では、

下記内容の嘆願書への賛同者を集め、市長への提出を予定

しています。

賛同いただける方は、ご連絡いただけると幸いです。

よろしくお願い申し上げます。(マキタ:h-makita@nifty.com

                        記

<諸戸徳成邸の現状>

 二代目諸戸清六(1888~1969)が別邸として六華苑から移り

住んだ諸戸徳成邸は、大正末から昭和の初めにかけて建てられ

ました。その建築地は、桑名市街地の西方、市民に親しまれて

きた愛宕山の段丘に初代諸戸清六が明治30年に移設した諸戸

家墓所に隣接しています。現在、築90年近くになろうとしている

徳成邸は、二代清六夫人(1889~1986)が亡くなられてからは

空き家状態となり、長年の老朽化により、このまま朽ち果てよ

うとしています。

<その歴史・文化的意識>

 現在市内には、近代以降の桑名の発展を表す諸戸氏庭園や

六華苑や諸戸水道等、明治から大正期の貴重な歴史文化遺産

が残されています。諸戸徳成邸はそれらに次ぐ昭和初期の歴史

文化遺産であります。これらは、明治・大正期の商業や迎賓的し

つらえを重視した暮らしから、昭和期の私的実用性を重視した

富裕実業家の暮らしの全体像を時代を通じて把握できる好例

となります。

 これら桑名の近代化を示す諸戸家遺産をその時代を通じて

残すことは、歴史文化的価値として意義あることだといえますし、

膨大な資材を投じて桑名住民の生活に寄与した諸戸水道の

遺構と共に諸戸家の功績を一体的に知る上で、諸戸徳成邸は

貴重な存在であり、桑名の「本物力」を表すものといえましょう。

 東部水辺エリアの諸戸氏庭園や六華苑、西武丘陵エリアの

諸戸徳成邸や諸戸水道遺構の東西2拠点のネットワーク化は

諸戸家遺産を通じて桑名の近代化を知る上で、桑名の歴史文

化のブランドをさらに高める効果は大きいといえます。

<桑名のまちづくりの中での活用方策>

 桑名駅西周辺に点在する寺社を巡り、走井山から市街地を

俯瞰しながら三機鉄道北勢線馬道駅および濃州道を結ぶ歴

史散策回遊ルートづくりは新たな観光資源として、西武エリア

の活性化に大いに期待されます。また長年にわたり自然風の

植栽を好み、最低限の管理しかされなかった徳成邸敷地の自

然環境は遷移が進み、潜在自然植生に戻りつつあります。

身近な自然環境学習の場として活用されることも期待されます。

さらに高台にあるので、津波などの災害の場合には避難場所と

しての活用も考えられます。私たち「諸戸徳成邸の保存・活用を

考える会」は事業スキーム検討など、桑名市とは積極的に

協働していきたいと考えております。

<本物力こそ桑名力>

 もし徳成邸を残さないことになれば、この桑名の宝は輝くことも

叶わず宅地化され、緑豊かな桑名の原風景を留めた風景(住み

たくなる都市環境イメージを想起)である愛宕山一帯の景観をも

損ねてしまいます。

「本物力こそ桑名力」を追及されている桑名市に於いては、ぜひ

諸戸徳成邸の保存・活用を積極的に図られるように嘆願します。

       諸戸徳成邸の保存・活用を考える会 代表 集山一廣

       同会員 桑名市文化財保護審議会会長 西羽 晃氏

       同会員 桑名市文化財サポーター  竹内氏

       同会員 桑名市文化財サポーター  岡本氏

       同会員 桑名歴史の案内人  伊藤氏

       同会員 三重県文化財保護指導委員 蒔田 英彦

       他9人、計 15人の正会員。                                                                                 

Photo

Up

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大徳寺の塔頭の巴蓋(隅蓋)

 最近、町並みや歴史的建造物を見学する機会に注目する箇所に

屋根瓦の巴蓋がある。大徳寺の冬の特別公開でも、内部も注目

していたが、外部ではマニアックだが、巴蓋に注目していた。

案の定、色々な巴蓋に出合うことができた。

Blog_10

菊はわかりやすい。龍源院の方丈に収まっている。

Blog_11


桃は、比較的多く塔頭の山門で見られた。

Blog_12


波?だと思われる。

Blog_13


聚光院の山門の巴蓋は植物なのだろうが・・・。

上部は桃?なのだろうか?牡丹?

Blog_14


正受院の山門は動物?近くから四方から見ないと・・・。

獅子かな・・・

鬼瓦と同じでひとつひとつ職人の手作りである。

型があるわけではないだろうから、修行○○年、親方から

次の世代へと、きちんと受け継がれていくべき技術である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大徳寺の塔頭の縁側には

 先日、冬の特別公開が行われている京都の大徳寺に

かみさんと参拝に伺った。塔頭の中には撮影禁止の処も

ありましたが、撮影OKの興臨院さんと龍源院さんの縁側で

修理に携わった大工さんの粋な設えを見つけました。

Blog_2

まずは標準的?な円形。

Blog_3

次に、ひし形(正方形を45度回しただけ?)。

Blog_4


少し角が増えて、六角形。

Blog_5


将棋の駒の形。

Blog_6


お椀?の形も登場。

Blog_7


究極の形?は、キノコ。

大徳寺は、禅寺なんだけど・・・・・。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

サービス付高齢者向け住宅紫苑の完成

 先日17日に木造枠組壁工法2階建てのサービス付高齢者向け

住宅 紫苑が完成し、地元の住民さん中心の見学会が開催され

ました。10時から16時までだったのですが、その間に100人を

超える方々が見学に来ていただけました。

着工前の説明会の時から、好意的な地域の方々でしたが、

10時からの30分は平日なのに見学者でごった返していました。

評判はおおむね好評でした。但し、空き部屋がもうすでになく

残念がられていました。

600x450

600x450_3

600x450_4

600x450_5

600x450_6

因みに料金表は ↓ をクリックしてご覧ください。

サービス付高齢者向け住宅 紫苑 料金表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築遺産の伊賀市庁舎見学会

 日本の近代モダニズムを代表する建築家坂倉準三氏の設計の

伊賀市庁舎が解体されるのを前に、見学会が開かれます。

お盆休みの日曜日ですが、多くの人があつまり、建築遺産を

記憶にとどめようとするものです。

チラシ ↓ をご覧になって記憶にとどめに行きませんか?

「20120812igatyousyakengaku.PDF」をダウンロード

因みに、駐車場は有料駐車場のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の伊勢御師の館

 伊勢進富座で映画「傍-3月11日からの旅-」の上映時間まで、

近隣を少し散策してきました。

本年度は、みえヘリテージマネジャー講習の事務局を手伝わせて

いただいた関係もあり、その講座でお話があった「伊勢御師の邸」

(現存する最後の御師邸?)が進富座の近隣にある

ことを知り、散策して門、塀を見ることができました。

住んで見えるので、場所は・・・あかせませんよ。

01

02

できれば、最後の御師邸として、「登録有形文化財」として

伊勢市がご尽力いただけると有難いように思うのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井コンピューター主催の講習会20110607

 「施主目線のエコ住宅提案とは?」という表題の講習会に

参加してきました。講師は、(有)戸田設計の戸田知治さん。

2年前にも、お話聞かせて頂きました。

戸田さんのお話は、関東での最新の状況がわかって

すごくためになり、小生はひとつの指標になります。

勿論、主催社のPCソフトの宣伝も含んでの話なのですが、

資金がなければないなりに、工夫の仕方を考えさせられます。

いろいろな気づきのため時間をありがとうございました。

20110607

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一級建築士定期講習を受けてきました。

 昨日、一級建築士定期講習を受けてきました。平成20年2月の、

このシステムの最初の定期講習を受けてから丸2年。

当時猶予期間とされた3年間という期間と、小生が受けてからの

3年間ごとの受講という期限が、結局は同じとなってしまい、

今回の受講という事になりました。

勿論、申込時に並んで時間をロスするのがいやなので、

申し込みは、一番に。前回と同じところでの受講よなり・・・。

いやああ、長かったです。

今回は最後の修了考査の終了が18時10分。

前回と同様にピンクの蛍光ペンで、講師の説明したところに

線を引きまくり、ある程度頭に入れていきました。

前回のテキストから、新しい技術、法律が増えていました。

このシステムができた起因に関する、建築士法等の改正部分は

あい変わらずでしたが、引っ掛け問題化されていました。

考査は一級建築士で40問、○×式マークシート。

視力が落ちている上、疲れがでているため、蛍光灯の光が

反射してマークシートの書きづらいこと、書きづらいこと・・・。

次の時までには、遠近両用メガネ購入しないといけないかなあ・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北の湖部屋の建物の報道を見ていると

 北の海部屋に力士が増えて、ぎゅうぎゅう詰めの状態の

稽古風景画がニュースで報道されている。

本当に気の毒な状態だと見ていた。

食べる量もすごいようで、毎朝8升のごはんが・・・・

すごいなあ・・・というのと、あれだけの重量がと考えると

仕事柄、積載荷重は大丈夫かア・・・

と要らぬ心配をしてしまう。

しかし、48人?程で総重量が6tとか言っていたなあ・・・

まあ、稽古場は1階部分だろうけど、

雑魚寝床は、階上にあるんとちゃうんやろか?

相当、梁がたわんでいたりしてね。

天井をめくってみてみたい気がするけど・・・

まあ、常識的には、設計した設計事務所に相談してから、

合併しているから、問題ないかああ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧