三重県・桑名市

諸戸徳成邸門前マルシェ

Photo
5月28日(土)29日(日)に諸戸徳成邸(桑名市東方1524番地)の門前でマルシェを開催します。時間は、2日間とも10時から15時です。同時間帯で、諸戸徳成邸の2016春の特別公開も実施しています。原則申込制ですが、当日申込も可です。沢山の皆様のお越しをお待ちしています。

諸戸徳成邸 2016春の特別公開

注)諸戸徳成邸周辺は駐車場がありません。公共交通機関をご利用ください。JR・近鉄桑名駅西口から現地まで徒歩約10分です。お車でお越しの方は、桑名市役所南側(桑名市中央町2丁目37番)の立体駐車場(有料)をご利用ください。現地まで徒歩約10分です。

出店頂けるお店は

桑名コロッケ:蛤・菜花・とまと・黒のり等のコロッケ販売

みのり作業所:コーヒー・飲み物、自社製品販売

車久:揚げもちの販売

ドミニクドゥーセ:パンいろいろの販売

夢ちゃん餃子:ギョウザの販売

とらや饅頭:饅頭、みたらしの販売

市民活動応援☆きらきら基金:ガチャポン缶バッジ

オフィスアリガト:本と本の物々交換・本の里親会

以上です。沢山の方々のお越しをお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第16回和紙ちぎり絵展 又木茶屋

昨日から、桑名市長島町の国道1号線沿いの

「又木茶屋」で第16回和紙ちぎり絵展が始まりました。

沢山の方々のご来場をお待ちしています。m(。。)m

02

Photo


期間:5月1日(日)~5月8日(日)。2日は休館日

時間:午前9時~午後4時30分まで

入場は無料です。

 ↓ 過去の展示会の様子は下記ページで見れます。

第10回和紙ちぎり絵展IN又木茶屋2010

第8回和紙ちぎり絵展2009IN又木茶屋

和紙ちぎり絵展2008IN又木茶屋

和紙ちぎり絵展2007IN又木茶屋

和紙ちぎり絵展2006IN又木茶屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016諸戸徳成邸の春の特別公開

 今年も諸戸徳成邸では、所有者さんの配慮もあり、春の特別公開をすることになりました。諸戸氏庭園・六華苑(ともに国指定名勝)に次ぐ、諸戸家第三の徳成邸庭園は山林王2代諸戸清六によって造らました。昭和初期の山荘風庭園と建物の一部をご覧いただけます。

Photo
*邸内での自由行動は出来ません。写真撮影は庭園のみです。建物内は不可とさせていただきます。

見学日時

①平成28年5月28日(土) 午前10時から午前12時

②平成28年5月28日(土) 午後1時から午後3時

③平成28年5月29日(日) 午前10時から午前12時

④平成28年5月29日(日) 午後1時から午後3時

*駐車場は、現地にありません。桑名市役所南の有料立体駐車場をお使いください。現地まで約10分ぐらいです。桑名駅西口からも同じぐらいかかります。

受付は、現地です。

参加料は無料です。

定員は、①、②、③、④各150人ずつです。

申込方法は、往復はがきに「郵便番号」「住所」「氏名」「年齢」「電話番号」「希望時間帯(第1希望から第三希望)」を。返信のおもてには「郵便番号」「住所」「氏名」を記入し、「諸戸徳成邸の保存・活用を考える会」へお送りください。1枚の往復はがきに3名まで記入可です。

送り先  〒511-0854 桑名市蓮花寺825-20  

      諸戸徳成邸の保存・活用を考える会  

      集山一廣 まで。

問い合わせ:集山  080-5130-6228

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊賀市庁舎を保存修理し活用することへの要望書

 小生が所属している、みえヘリテージの会(三重県建築士会傘下)は、伊賀市庁舎を貴重な歴史的建造物であることを認め、将来に向けて保存修理し活用す
ることを切に要望するため、署名を募り要望書を提出することになりました。

ご興味をいただける方は、下記PDFファイルをご覧頂き、そしてご賛同いただける方は、署名してPDFファイルにして頂き、小生(h-makita@nifty.com)にお送りいただければ幸いです。

「youbou-3kasyohe.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諸戸徳成邸特別公開のお知らせ

諸戸徳成邸の秋の特別公開の情報が広報くわな10月号のお知らせの広場に掲載していただきました。桑名市のHP上の「広報くわな」でもご覧いただけます。

と き:11月28日(土)①10時から12時 ②13時から15時

      29日(日)③10時から12時 ④13時から15時

ところ:諸戸徳成邸  集合場所:市役所南玄関

*会場へは、徒歩で向かっていただきます。現地直接はいけません。

 市駐車場は、有料です。公共交通機関をご利用下さい。

内 容:諸戸氏庭園、六華園につぐ、諸戸家第三の庭園の特別公開です。 山林王と呼ばれた二代目諸戸清六によって造られた、昭和初期の山荘風庭園、茶庭、建物内一部をご覧いただけます。

定 員:各(①から④)150人 定員超の場合は抽選します。

参加費:無料です。

申込方法 往復はがき(1枚3人まで)に「住所」「〒」「氏名」「年齢」「電話番号」「希望の時間帯(①から④の中で第3希望まで)、返信の表に「住所」「〒」「名前」を記入し、諸戸徳成邸の保存・活用を考える会 集山方(〒511-0854 蓮花寺825-20)へ。 申込期限:11月6日(金)必着です。

300x225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諸戸徳成邸特別公開のお知らせ

諸戸徳成邸特別公開のお知らせです!
諸戸徳成邸の保存・活用を考える会の主催で特別公開を行います。

とき:5月16日(土)、17日(日)
   午前10時から正午、午後1時から3時の各2回
集合場所:市役所南玄関 *会場ヘは徒歩で。直接現地へは行けません。...
店員:各200名 (合計800名)
参加費:無料
申込方法:往復はがき(1枚につき3人まで)に往信のウラに「住所」「名前」「年齢」「電話番号」「希望の日時(第3希望まで書いてくださいネ)」を記入。返信のオモテに「住所」「氏名」「郵便番号」を記入し、諸戸徳成邸の保存・活用を考える会 集山一廣方(〒511-0854 桑名市蓮花寺825-20)へ
申込期限:4月24日(金)必着
お問い合わせ:桑名市役所 文化課:0594-24-1361

返信はがきを提示していただけないと見学できません。

お申込みと葉書を失くさない様お願いいたします。

諸戸徳成邸の保存・活用を考える会では、4月、5月と清掃・草刈活動を行う予定です。(下記写真は、昨年の活動後の写真です。)

Up01

Up






| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「諸戸徳成邸」の保存・活用を求める嘆願書への賛同者を求めています。

 小生が所属している諸戸徳成邸の保存・活用を考える会では、

下記内容の嘆願書への賛同者を集め、市長への提出を予定

しています。

賛同いただける方は、ご連絡いただけると幸いです。

よろしくお願い申し上げます。(マキタ:h-makita@nifty.com

                        記

<諸戸徳成邸の現状>

 二代目諸戸清六(1888~1969)が別邸として六華苑から移り

住んだ諸戸徳成邸は、大正末から昭和の初めにかけて建てられ

ました。その建築地は、桑名市街地の西方、市民に親しまれて

きた愛宕山の段丘に初代諸戸清六が明治30年に移設した諸戸

家墓所に隣接しています。現在、築90年近くになろうとしている

徳成邸は、二代清六夫人(1889~1986)が亡くなられてからは

空き家状態となり、長年の老朽化により、このまま朽ち果てよ

うとしています。

<その歴史・文化的意識>

 現在市内には、近代以降の桑名の発展を表す諸戸氏庭園や

六華苑や諸戸水道等、明治から大正期の貴重な歴史文化遺産

が残されています。諸戸徳成邸はそれらに次ぐ昭和初期の歴史

文化遺産であります。これらは、明治・大正期の商業や迎賓的し

つらえを重視した暮らしから、昭和期の私的実用性を重視した

富裕実業家の暮らしの全体像を時代を通じて把握できる好例

となります。

 これら桑名の近代化を示す諸戸家遺産をその時代を通じて

残すことは、歴史文化的価値として意義あることだといえますし、

膨大な資材を投じて桑名住民の生活に寄与した諸戸水道の

遺構と共に諸戸家の功績を一体的に知る上で、諸戸徳成邸は

貴重な存在であり、桑名の「本物力」を表すものといえましょう。

 東部水辺エリアの諸戸氏庭園や六華苑、西武丘陵エリアの

諸戸徳成邸や諸戸水道遺構の東西2拠点のネットワーク化は

諸戸家遺産を通じて桑名の近代化を知る上で、桑名の歴史文

化のブランドをさらに高める効果は大きいといえます。

<桑名のまちづくりの中での活用方策>

 桑名駅西周辺に点在する寺社を巡り、走井山から市街地を

俯瞰しながら三機鉄道北勢線馬道駅および濃州道を結ぶ歴

史散策回遊ルートづくりは新たな観光資源として、西武エリア

の活性化に大いに期待されます。また長年にわたり自然風の

植栽を好み、最低限の管理しかされなかった徳成邸敷地の自

然環境は遷移が進み、潜在自然植生に戻りつつあります。

身近な自然環境学習の場として活用されることも期待されます。

さらに高台にあるので、津波などの災害の場合には避難場所と

しての活用も考えられます。私たち「諸戸徳成邸の保存・活用を

考える会」は事業スキーム検討など、桑名市とは積極的に

協働していきたいと考えております。

<本物力こそ桑名力>

 もし徳成邸を残さないことになれば、この桑名の宝は輝くことも

叶わず宅地化され、緑豊かな桑名の原風景を留めた風景(住み

たくなる都市環境イメージを想起)である愛宕山一帯の景観をも

損ねてしまいます。

「本物力こそ桑名力」を追及されている桑名市に於いては、ぜひ

諸戸徳成邸の保存・活用を積極的に図られるように嘆願します。

       諸戸徳成邸の保存・活用を考える会 代表 集山一廣

       同会員 桑名市文化財保護審議会会長 西羽 晃氏

       同会員 桑名市文化財サポーター  竹内氏

       同会員 桑名市文化財サポーター  岡本氏

       同会員 桑名歴史の案内人  伊藤氏

       同会員 三重県文化財保護指導委員 蒔田 英彦

       他9人、計 15人の正会員。                                                                                 

Photo

Up

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諸戸徳成邸 秋の草刈り・清掃活動が決まりました。

 諸戸徳成邸の保存・活用を考える会では、諸戸徳成邸庭園の

草刈り・清掃を定期的に行う活動をしています。(会員以外の方々

の参加も受付しています。)

今秋の活動スケジュールが決定しましたのでお知らせいたします。

尚どの時間帯でも、1時間でも結構です。

第1回目日時 9月23日(火・祝) 9:00から15:00

第2回目日時 9月28日(日) 9:00から15:00

注意事項

当日は清掃作業に適した服装でお越しください。

軍手、帽子、タオル、水筒等は各自用意願います。

徳成邸には駐車場、トイレがありません。

トイレは立花公園・走井山公園等を利用予定です。

問い合わせ先は、小生に入れていただいてもOKです。

20140923

Up01

Up


Up01_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桑名でも鍾馗さんにお会いできました。

 桑名市内でも鍾馗さんにお会いできました。今週末の8日に

計画している「徳成ウォーク」の下見でコースを散策している

時にお会いしました。

今回お会いした鍾馗さんは、東方の照源寺の参道筋?の

お宅におみえになりました。

Photo_4

徳成ウォークに参加していただける方は、お会いできると

思います。因みに徳成ウォークは下記のチラシを参照

ください。

09010101

また、徳成ウォークの途中で、調査されていない石像にも

会えます。 ↓

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧